PS5では常時4K 120fps表示は厳しいのだろうか

PS5情報

XBOX GAMES SHOWCASEでしきりに4K 120fpsを強調

2020年7月24日に配信されましたXBOX GAMES SHOWCASEで、次世代ゲーム機Xbox Series X(Xbox SX)の新作ゲーム映像が観られるということで、深夜の配信にもかかわらず多数の方が視聴していました。まだ見ていない方は以下で視聴出来ます。

Xbox Games Showcase (日本語)

発表会全体の感想としてはムービーが多めで、プレイ映像が少なかったことが少し残念でした。最後に大作RPG「Fable(フェイブル)」の新作が発表されたのは良かったですが、イメージ映像のみでしたから発売はまだまだ先だと思います。

今回のXBOX GAMES SHOWCASEはゲームソフトの発表会なのですが、しきりにXbox SXは4K解像度でフレームレート120fps表示について強調していたのが印象的でした。

Xbox SXの強みが4K 120fpsとするとPS5は性能面で実現が難しいのか

16-1

先ほども書きましたが、XBOX GAMES SHOWCASEのゲーム紹介に関しては、ムービーが多めで正直あまりワクワクはしませんでした。しかし今回、Xbox Game Passと4K解像度で120fps表示が可能という点について、マイクロソフトが強調していたことは興味深かったです。

この2点については、PS5には絶対負けない自信があるのかなと感じました。ということは逆に考えると、PS5は4K解像度で120fps表示が性能面で厳しいのではないかと心配になります。もしも、PS4でも同様に4K解像度で120fps表示が可能な場合、ゲーム発表会で時間を割いてまで説明する必要は無いはずです。

PS5はCPUとGPUの周波数が可変となっており、安定した性能を引き出すのが難しいというウワサも出ています。このあたりは実際に遊んでみないと分かりませんが、この心配が杞憂であって欲しいです。

PS5の性能表の内容をやさしく解説 CPU、GPU編
2020年末に発売予定の次世代ゲーム機PlayStation5(PS5)のスペック(性能)表について、私なりにかみ砕いてやさしく解説していきます。第1回の映像出力編、第2回のオーディオ、SSD・メモリ編に続き第3回はCPU、GPU編です。以...

Xbox SX用ゲームタイトルは開発が遅れている?

年末発売予定のXbox SXのゲーム発表会で、ムービーが多めでプレイ映像が少なかったということは、Xbox SX用ゲームの開発が遅れているのではないかと感じました。

もしも、新型コロナが無ければ、すでにゲームイベントE3が開催され、そこでプレイアブル出展も多数用意されていたはずです。しかし、今回の発表会ではプレイ映像が非常に少なく、年末に発売されるゲーム機の発表会としては寂しすぎるなと思いました。

ゲーム機が売れる原動力は性能ではなくゲームソフトの出来ですから、これからワクワクするようなゲームがたくさん登場することに期待したいです。

コメント

  1. めそ より:

    ps5のグラボはRTX2060Super。
    XboxsxのグラボはRTX2070と同等だと言われています。
    PCゲーマーならある程度わかると思いますが、そのグラボだと4K画質はいけるとしても、常時120fpsはキツイと思います。
    解像度自体は4kでも、グラフィック設定を全体的にLOWにしていけるか?って位です。
    高解像度で常時4K120fps狙うならRTX3090以上かと。
    第一、120fpsでゲームする方って大体
    FPSやTPSをメインにプレイされる方でしょうが、ガチのFPSPCゲーマーは常時120fps張り付きを重視するので、解像度が4kの最高設定で出来る環境だとしても、解像度もFHD以下にガッツリ下げますしグラフィック設定もLOW設定基本です。
    そんな環境でプレイするのを望むのはCS機ユーザーだけだと思いますよ。

    • PS5語り部 より:

      コメントありがとうございます。
      やはり現状のCS機ではまだ厳しそうですね。
      とりあえずゲームにあわせた最適な設定で遊べれば満足ですね。
      PS5 Proに楽しみを取っておきます。

タイトルとURLをコピーしました