PS5の超高速読込みでゲームの世界が変わる可能性

PS5情報

PS5は超高速にデータ読込みが出来るから余分なデータを読み込まなくて良い

PS5の公開スペックの中で特に魅力的なのが、高速SSDから超高速にデータ読込みが可能となるところです。

技術的な詳細は以下の記事が参考になりますので、興味ある方は読んでみてください。西川善司さんのハードウェア関連記事はマニアックですが、この手の話しが好きな人には読み応えがあっておすすめです。

www.4gamer.net

PS5の超高速読込みについてざっくりと言いますと、PS5はSSDとメインメモリの間の専用カスタムコントローラのおかげで、SSDの性能を最大限に発揮した超高速読込みが可能となります。

PS5が発売される頃には、最大約7GB/sで読込み出来るPCIe Gen4 x4対応SSDも登場するとは思いますが、その性能を最大限発揮してPCゲームが遊べるようになるのは数年先だと思います。しばらくはPS5の最大約5GB/sの読込み速度が、ゲーム最速という状況が続くのではないでしょうか。

上の記事にも書いていますが、高速SSDで読込み速度が速くなることで、余分なデータをストレージに書き込む必要が無いことと、メインメモリにも必要なデータだけ読込めば良いので効率的です。

PS5の超高速な読込み速度でグラフィックも向上するのでは

4-1

オープンワールドゲームの場合を考えてみた時に、上のように画面表示領域外のデータも先行で読み込み、キャラクタが移動した際にも映像が途切れないように制御しています。
上の画像のように読込速度が遅いゲーム機では、非常に広い領域を先行で読込んでおく必要がありますが、PS5では超高速読込みが出来るため先行読込み領域は狭くすることが出来ます。

仮に上の2つのゲーム機のメインメモリが同じ16GBだった場合、広い領域のデータを読込むために画像データを小さくする必要があります。逆にPS5は狭い領域のデータだけ読込めば良いので、より高画質な画像データを読み込むことが出来るのではないでしょうか。

ニューヨークの街並みで考えたときPS5はビル10個分読込むところを、その他ゲーム機では30個読込まなければいけないとすると、一つのビルにかけられるデータ容量はかなりの差になります。

こういったことを考慮すると、PS5とXbox SeriesXのGPUスペックの差よりも、PS5の読込み速度が倍速いという方がグラフィックに与える影響は大きいのではないかと思います。

読込み速度の問題から、従来のゲーム機では難しかったオープンワールドゲームでの高速移動も可能になるでしょうから、今まで体験したことのないようなゲームが登場することに期待したいです。

ディスクレスのPS5 Digital editionは通常版より遅れて登場するのではないか
PS5には通常版とディスクレスのDigital editionの2モデルが発売2020年6月12日にPS5の本体に関する情報が公開され、特に本体のデザインやUHD-BDディスクドライブ搭載の通常版と、ディスクドライブ非搭載のDigital...

コメント

タイトルとURLをコピーしました