PS5のセーブデータがクラウドに自動アップロードされない時の対処法

PS5情報

PS5でPS4のセーブデータが自動アップロードされない

※この情報は2021年3月時点のものです。今後PS5のアップデート等で機能が変わる可能性があります。

私はリビングにPS5、自室にPS4の2台でゲームを楽しんでいます。リビングの大画面でプレイしたいとき、自室でガッツリやり込みたいときと気分で使い分けることが出来て満足なのですが、2台運用するうえでの不満点があります。セーブデータの共有が面倒だということです。

最近はクラウドでデータ同期することが当たり前ですが、PSプラスのクラウドセーブデータ保存のシステムはちょっとイマイチな感じです。

PSプラスに加入している方は、セーブデータをクラウドにアップロードして、複数台のプレイステーションで共有することが出来ます。しかし、すべてのプレイステーション本体から自動アップロードされるわけではなく、主に利用する本体に設定している本体だけ自動アップロードされます。その他のサブ機では手動でアップロード操作をする必要があります。誤って古いセーブデータを上書きしてしまうことが無いような対処だと思いますが少し不便です。

またPS5上のPS4ゲームのセーブデータは自動アップロードしかできず、手動アップロードは出来ません。PS5ゲームは手動でアップロード出来るのですが何故でしょうか?

今回この仕様のおかげで、PS5本体でPS4ゲームを遊んで、その後自室のPS4本体で続きを遊ぼうとした際に全然セーブデータが同期されずに困るシーンが多発しましたので、私なりの対処法を紹介します。

PS5でPS4セーブデータを自動アップロードさせる対処法

PS5本体でPS4ゲームを遊んだあと、私はスリープ状態(PS5ではレストモードという名称)で終了するのですが、その後PS4でクラウド上のセーブデータを確認しても、セーブデータは更新されておらずPS4本体からアップロードした時のままです。

即座に反映されずとも1日待てばアップロードされるかな?と思いつつ、数日待っても一向に更新される気配はありません。

PS5本体でプレイしたPS4ゲームはPS5本体でプレイするしかないかなと諦めかけていましたが、以下の方法ですと恐らく高確率でアップロードされることが分かりました。

PS5を終了する際にいきなりレストモードに入るのではなく、アカウントからログアウトするとその日に遊んだゲームのセーブデータがアップロードされます。

いちいちログアウトするのはひと手間ですが、2台で行き来して遊びたい方は現時点ではこの方法が確実かなと思います。同様に悩んでおられる方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました