次世代機戦争はPS5 vs Xbox SX+PCゲーム連合の戦い

PS5情報

日本時間 2020年6月12日 早朝5時に配信されました、公式「THE FUTURE OF GAMING」にて次世代機PS5の本体映像が公開され、次世代機戦争も本格化してきたなと感じます。

今回のゲーム次世代機戦争は、スペックのXbox SeriesX(XBox SX)と読み込みスピードや音響効果のPS5という様相になっていますが、私は今回の次世代機戦争はゲーム機単体の戦いではなくなると考えます。

PS5 vs Xbox SX+PCゲーム連合

PS5とXbox SXのスペックや特徴はいろいろなところで語られているので詳細割愛するとしまして、この2機種の特徴としてXbox SXはPCゲームの進化の延長線上に居り、PS5はPCゲームでは実現が難しい方向に進化の舵を切ったと感じました。

あくまでこれまで公開されているスペックや、ハードウェアに関する説明を聞く限りそう感じるということで、実機では異なる可能性はあります。しかし、PS5がコストをかけてSSDの読み込み部分や、音響部分に専用設計や専用ハードウェアを用いていることから間違いなさそうです。PS5専用に特化して開発されたゲームはXbox SXやPCと互換性を持たせることは難しいはずです。マルチタイトルとして発売されたとしても、場面転換のときに読み込みが発生したり、音が一方向からしか聞こえないなどPS5よりも体験が劣る可能性が高いです。

しかし、ゲームソフト開発を行う側からすると、例えばユーザー比率が仮にPS5が6割、Xbox SXが2割、PCゲームが2割だとすると、PS5以外を無視することは出来ませんから、PS5に特化したゲームを開発することはリスクになります。そうなるとXbox SX+PCゲーム連合にも有利な条件が増えてきそうです。マイクロソフトは新作も定額で遊べるXboxゲームパスなど、PCとゲーム機の垣根を取り払う動きを見せています。ゲーム機にこだわる必要の無いマイクロソフトの方が柔軟に動ける分、これからの時代には有利かもしれません。

ゲームの進化をより感じられるのはPS5

1-4

先日配信された「THE FUTURE OF GAMING」(観てない方ように一番下に動画貼っておきます)を観ても、ゲームの進化をより感じられるのはPS5かなと思いました。しかし、上でも書いたようにPS5の特徴に特化したゲームが出てくるかがカギだと思います。

専用ハードウェアで実現する音響効果は凄そうですし、ラチェット&クランク新作のような場面がどんどん転換するようなゲームは、PS5のデータ読込性能にあわせて作ると、他ハードでは発売出来ないはずです。PS5の尖った性能は諸刃の剣なのかもしれません。

PS5専用タイトルがたくさん発売されるためには、とにかくPS5のユーザー比率を高めることですから、これから発表される本体価格がどうなるのか楽しみです。PS5もXboxもPSプラスやXbox Liveのようなサブスクリプション収入を織り込んだ本体価格設定にするのか、純粋にハードウェアで利益を上げる価格設定にするのかといった戦略が問われます。

いろいろ書きましたが、私は今回の次世代機では読込速度がめちゃくちゃ速くなるという点だけで買いだと思っているので、とにかく早く体験したいです。発売が楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました