PS5の本体が公開されたのでXbox Series Xとサイズ感を比較

PS5情報

日本時間 2020年6月12日 早朝5時に配信されました、公式「THE FUTURE OF GAMING」にて次世代機PS5用のゲームソフトが公開されました。

今回PS5本体が公開されるのかどうかは不明だったのですが、動画の最後に無事本体の形状についても公開されましたので、すでに本体形状が公開されているライバル機 Xbox Series X(Xbox SX)とのサイズ感比較や、公開映像からあれこれ想像して語りたいと思います。

PS5のデザインはこれまでのゲーム機の中で一番カッコいいかも

1-4

PS5の本体デザイン非常にカッコいいなと思いました。

ライバルのXbox SXもタワー型で結構イイ感じと思っていましたが、やはりデジタル製品のデザインに関してはソニーが二枚ぐらい上手だと感じました。

次世代機ではPS5もXbox SXも縦置きとなりました。性能が向上したことで排熱を考えると縦置きという結論だと思います。

ソニーデザインが優れているなと感じるのは、ただカッコいいだけではなく形状に意味がありそうに感じる点です。縦置きで熱を上部から逃がすので、例えば本体上部に雑誌等を置かれたりすると熱を逃がすことが出来なくなります。Xbox SXのような四角い形状ですと上に物を置いてしまいそうですが、PS5の形状ですと物を置かれる心配も無さそうです。仮になにか置かれたとしても本体サイドにフレームがあり、中央部が曲線のデザインになっているので排気穴を塞がないように工夫されているような気がします。

カッコイイデザインを実現しながら、機能面でも考えられた形状になっているなと感じました。(深読みしすぎかもしれませんが。。。)

PS5の本体は意外にデカい!?

1-6

上の画像を見ていただければ分かりますが、配信動画をパッと観た感じではPS5本体はスリムコンパクトに見えたのですが、Xbox SXと並べてみると意外にデカい感じです。

ちなみに上の画像はディスク開口部やコントローラーサイズから縮尺をあわせたものですので、実機で比較すると少しサイズ感は違う可能性はあります。しかし、それほど大きく違うという事は無いと思います。

Xbox SXは高さが310mmですので、PS5は高さ400mm近くありそうです。

過去のゲーム機の中でも、初期型のPS3は手に持った瞬間にデカッ!と思った記憶が今でも鮮明ですが、その初期型PS3でさえ幅325mmですので、400mmとなると相当デカいですね。正式なスペック発表を待ちたいところですが重さも結構ありそうです。

このぐらいの本体サイズにしないと排熱が厳しいぐらい高スペックなのだと期待したいです。逆にPS4の初期型のように無理にコンパクトにして、夏場は排気ファンが唸ってうるさくなるぐらいなら、排熱ファンを大きくして静かな方が嬉しいです。

PS5のリモコンにTVボタン

1-2

その他気になった点としては、PS5専用リモコンに「TVボタン」と「マイク入力ボタン」のようなものが映っていた点です。

PS5にTVが観られる機能があるのか、TVリモコンとしてTVを操作出来るだけなのかは分かりませんが気になるところ。マイク入力ボタンはAmazon echoのような音声操作が用意されるのでしょうか。

いろいろ想像は出来ますが発表を待つしか無さそうです。

1-3

PS5の全面には通常サイズのUSB端子とTypeCサイズのUSB端子が1つずつあります。PS5コントローラーは急速充電にも対応しそうです。

PS5ディスクレス版もあり発売が楽しみ

今回の配信で完全に想定外だったのがディスクレス版のPS5が用意されていたことです。

ディスクレス版ですとUHD-BDが観られなかったり、PS4のディスク版がプレイ出来なかったりといった制約はありますが、基本的にダウンロード版しか買わないよという方や、映像作品は配信サイトしか観ないというデジタル派な方には、PS5が安く入手出来るので非常に嬉しい情報だったと思います。

少し心配なのは本体の出荷比率と需要がマッチしないと、ディスク版だけ買えないみたいな状況になるかもしれません。

2モデル販売するということは、ソニーは発売日に品切れを起こさないような出荷量を確保する自信があるのだと期待したいです。とにかく転売屋に買い占められて定価で買えないみたいなことが無いよう勘弁して欲しいです。

PSプラス長期会員専用予約ページなどがあると嬉しいです。

PS5の発売まで半年ほどということで価格やさらなる新機能など残りの情報開示にも期待。発売が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました