PS5を全力で楽しむには光ファイバー回線を用意しておこう

IT情報

PS5では光ファイバー回線が必須だと思う

2020年末にいよいよ次世代ゲーム機PlayStation5(PS5)が発売されますが、PS5を全力で楽しむためには光ファイバーインターネットはぜひとも準備しておいてほしいところです。

現行機PS4でもゲームソフトのアップデートに数GBなんていう大容量で配信されることもあり、これまでも光ファイバーがあると快適でした。しかし、無線のインターネット回線でも、ダウンロードはバックグラウンドで行われるため、なんとか凌げないことはなかったと思います。

しかし、PS5ではUQ WiMAXやMVNO格安SIM回線ではなく、光ファイバー回線の導入を真剣に考えて欲しいです。

PS5ではアップロード方向の速度も重要になる

PS5はコントローラーについているクリエイトボタンにより、動画編集や配信を簡単に行う事が出来ます。もちろん動画を配信するには家からインターネット方向のアップロード速度が重要になります。

自分はゲームプレイ動画の配信なんてやらないよ。と思っている方も、PS5ではよりお手軽に動画配信が可能となること、マシンパワーにも余裕がありますから、友人とのコミュニケーションにも配信を使って遊ぶなど、ゲーム動画のアップロードの汎用性が非常に高まると予想しています。

これまではシェアボタンを押して、動画の切り取りをしてSNSにアップする程度だったと思いますが、PS5では録画した動画にちょっとした編集を施しアップロードし、その動画を観た友人が直接ゲームに参加することなども可能です。そうなるとアップロードするたびに長時間待たされるようでは非常にストレスになります。

さらにPS5で主流となる4K解像度の動画となると、10分で5GB程度の容量になりますから、光ファイバーでないとちょっと厳しいかと思います。

光ファイバーインターネットはいくらぐらいかかる?

では光ファイバーインターネットはいくらぐらいかかるのでしょうか。

PS5のソニー系インターネット事業者のSo-netの場合、マンションなど集合住宅では2,080円/月から、戸建住宅では3,080円/月からとなっています。この価格は契約当初2年間のもので、それを過ぎると少し高く高くなります。(上記料金は地域などにより変わります)

携帯電話にもお金払っているのに、家のインターネットにさらに出費は痛すぎると思われるかもしれませんが、新型コロナの影響で家に居る時間も長くなっていますし、光ファイバー回線が家にあれば、スマホをWiFi接続する事で携帯料金を抑えることも出来ますから、契約プランを工夫することで、利用方法によっては光ファイバー回線の元を取れる場合もあります。

一度家庭のインターネット環境と現在支払っている料金等を再確認してみてはいかがでしょうか。

私はPS5発売にあわせて、思い切って10Gbpsのプランにしてみようかなと考えているところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました