PS5で本気の転売対策!米国で予約の事前登録開始

PS5情報

とうとう転売対策が施されたPS5

2020年8月26日に米国ではソニーが公式に予約の事前登録を開始しました。

PS5の予約登録ではなく、あくまでPS5の予約権利を得るための登録になりますが、これまでのユーザーのアクティビティ(実績)にもとづいて招待メールが送付されるようです。

これは転売屋対策に非常に有効ですし、日本でも同様の仕組みが導入されることに期待したいです。以前以下でも少し希望として書いたのですが、PS会員で長期契約ユーザーが優先的にPS5予約出来たら良いなと思っていたところですので、今回の施策は非常に嬉しいです。

PS5の本体が公開されたのでXbox Series Xとサイズ感を比較
日本時間 2020年6月12日 早朝5時に配信されました、公式「THE FUTURE OF GAMING」にて次世代機PS5用のゲームソフトが公開されました。今回PS5本体が公開されるのかどうかは不明だったのですが、動画の最後に無事...

最初この情報を得た時には、予約の事前登録をしないといけないほど出荷数が少ないのかなと心配しましたが、恐らくこれはPS5を本当に欲しいユーザーにしっかり届くように考えられた措置だと思います。

今回の施策がなぜ転売対策に有効なのか

6-3

これまで新しいゲーム機が発売されると、転売屋が予約開始と同時に買い占め、ゲーム機が欲しいユーザーに定価以上に価格を釣り上げて売り付けるという問題が発生します。

店舗側も対策として抽選販売にしたり、販売数量の制限をしたりしていますが、転売屋もホームレスの方を雇い制限数量以上を購入したり、抽選当選確率を高めたりするなどいたちごっこです。

今回の予約を招待制にすることで、PSユーザーとしての実績が無いといけないことで、ダミーのIDでは予約に参加出来なくなりますから、転売対策には有効です。

事前の情報によるとPS5は出荷数もかなり多いようですから、PS5は本当に必要なユーザーに発売日にしっかり届くのではないでしょうか。

PS5からゲームを始めたいユーザーはどうする?

過去のアクティビティにもとづいた予約招待制は素晴らしいアイデアではありますが、問題としてPS5からゲームを始めたいと考えていたユーザーがPS5を無事予約出来るのか?という点です。

PS5はかなりの物量が出荷されると聞いていますから、恐らく通常の予約も問題無く出来ると思いますが心配だと思います。

日本国内でも予約招待制となることが決定した場合、PS5予約確率を上げるにはアクティビティを作っておくぐらいしかないかなと思います。

PS5ではPS4のゲームタイトルも遊べますので、PS5を買ったら遊びたいと思っていたタイトルを先行でPSストアで買っておけば、少しは招待される確率が上がるかもしれません。

定期的にセールが実施されますから、狙いのゲームを先行して買っておいても損は無いのではないでしょうか。しかし、招待の基準は分かりませんから、あくまで可能性が高まるかも?程度の気持ちでトライしてみてはいかがでしょうか。どちらにしても購入予定のゲームを買うだけなので損は無いかと思います。

いまだに発売日や価格は未定ですが、もう間もなく情報が出てきそうな気がします。楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました